「自分らしさ発見オンラインセッション」は、東洋運命学で自分自身の才能・宿命を知り、 現状と理想の未来を丁寧に描くことでそのギャップに気づき、ビジョンを実現するための目標設定を行います。
持って生まれた潜在能力を活用することで、無理なく、がんばりすぎることなく、ワクワクしながら目標に向かって行動することができるでしょう。
すぐにできる行動計画に基づいて実践を重ね、小さな成功体験を積んでいきます。
2週間後、自分らしい方法で行動を続けた結果、 「本当に自分に向いていることがわかった」 「実践することで自分の才能がより腑に落ちた」 「誰か他の人と比べることなく、自分らしい成長のしかたが分かった」など、“自分らしいがんばり方”を体感していただく為のプログラムになっています。

 

 



「成果をださなくちゃいけない」「もっと成長しなくちゃ!」と、ついがんばりすぎてしまって、心身共に疲れていることに気が付かなかったり、苦手なことを克服することにエネルギーを使い果たしてしまう方にこそ、このセッションを受けて頂きたいと思っています。
なぜなら、私自身がまさにそういう人だったからです。



本当の自分ってどういう人なんだろう?とか
あの人にはできるのに、どうして私はこれができないんだろう?と、
勝手に自信を失ったりしていました。

自分軸を明確にしてから、
誰かと比べたり、そもそも向いていないことを無理やりがんばることもなくなり、
好きなこと、得意なことをのびのび楽しみながら仕事ができるようになりました。

持って生まれた才能を知り、自分らしいビジョンを描いたら、
自分軸=ミッションを明確にして、それを実践していく「自分軸実践メンタリングプログラム」。
無理やりがんばることをやめ、「がんばらない勇気」をもって幸せな未来を手に入れましょう。

 


Q,何がきっかけでこのサービスを始めたのでしょうか?

数年前から算命学など東洋の運命学を取り入れたコーチングを行っていましたが、商品化して広くお知らせしていく方法を模索していました。
そんなとき、新型コロナウィルス(covid-19)感染症の流行が始まり、蔓延防止のためにあらゆる職種で仕事に影響が出始めました。
大人数が集まる講演会やイベント、企業研修なども含めて、開催中止、延期など、私の周囲でも「半年先までの仕事がなくなった」といった声が聞こえてくるようになりました。
その後に緊急事態宣言が発出されるわけですが、日本全体、いえ、世界中が、目に見えない恐怖、これからどうなってしまうのかという不安、そして、価値観がひっくり返るようなストレスを抱えているように感じました。
「私にできることって何だろう?」と考えたとき、やはり、「人の話を聴くこと」という想いに至り、「なんでもいいからオンラインで話そうよ」というサービスを始めようと決めました。
そして、ご希望の方には東洋運命学簡易分析も付けられます、というようなスタンスでご提案をしました。

 


Q,サービスを始めるときに感じた不安や葛藤はありましたか?

コロナ禍で落ち込んだり悩んだりしている人に、何かできることをしたい、という思いで始めました。
そのためスピード感を重視し、ものすごく吟味してスタートしたサービスではなかったので、このセッションを受けたいという方がいらっしゃるのかどうかが、もちろん不安でした。ところが、Facebookで投稿してすぐに、「セッション受けたいです、どうしたらいいですか?」といったお問合せが、直接メッセンジャーで届くようになりました。
しかも、100%の確率で、簡易分析もお願いします、という内容でした。
私自身、東洋運命学を学んでいるといっても、算命学を本格的に学んだわけでもないですし、正直にいうと、どこかで「簡易分析といっても、私にちゃんとしたことが言えるのか?」という不安はずっとありました。
さかのぼること2年前に理事として設立に参画した一般社団法人ミッションメンタリング協会でも、どちらかというと学びを深めるというよりも立ち上がりのスタートダッシュ要員のような存在感で活動していましたので、「いよいよ、私も、運命学の分析をやるのか…」と少し緊張しました。
これは私の持ってうまれた才能とも一致する傾向ですが、「ちゃんとしたことを言わないといけない」 という固定観念もあったように思います。そうした不安の中、深く考える前にまずはやってみよう!ということで動き出しましたが、おかげさまで大好評で、思った以上にたくさんの方々の簡易分析をさせて頂いて、私自身の大きな学びにもなりました。

 


Q,サービスを始めた決め手は何ですか?

「なんでもいいから話しましょう」というオンラインセッションとしてスタートしたのですが、1日に 3-4人の予約を頂くこともあったので、無料モニター的な位置づけをやめて、正式に「東洋運命学簡易分析付きのコーチングセッション」としてご提案することにしました。
せっかくなので、現状と理想の未来を洗い出し、持って生まれた才能を知り、それをうまくつかえば、無理なく、頑張りすぎることなく、小さな目標からでも前に進めるということを感じていただこうと考えたんです。
すると、セッション後にいただくアンケートでも高評価をいただくようになり、セッションを受けた方からの紹介といって、見知らぬ方からのお申込みが入ったりするようになりました。
当初予定していた枠がいっぱいになり、お問合せやお申込みから少しお待たせしてしまうこともありました。
このサービスを売り出すぞ!という気合の入ったものではなかったので、決意というほどのものはなかったのですが、「お試しセッション」的な位置づけをやめて、正式なメニューにしようと決めたのは、やはり体験者の声に背中を押していただいたからだと思います。
コロナ禍で、世の中がどうなっていくのか、自分自身はどうなっていくのか、まるで先が読めない状態のときに、喜んでいただけるのがうれしかったんですよね。
私でも、誰かのお役に立てるということがうれしかったし、このセッションを受けることで、混沌とした状態から少しでも、一歩でも前に踏み出してもらえたらいいなというのが、正式にサービスとしてリリースした理由です。


Q,サービスを提供していくうえで、譲れないこだわり(理念・価値観)はありますか?

東洋運命学(主に算命学)では、持って生まれた才能がわかります。
それを単に当たってるとか外れているとか、「占い」ですませないように気を付けています。
もちろん占いとして楽しんでいただくのはいいのですが、それなら、ちゃんとした占い師の方にみて頂いたほうがいいと思うんですよね。
コーチである私が東洋運命学を取り入れる意義を忘れないようにしたいと思っています。
簡易分析のときに気を付けているのは、『決めつけないこと』。こういう才能があるんだから、これをやったほうがいいとか、これはやめたほうがいいとか、そういうことは言わないですね。
ご本人がやりたいことを実現するために、どう使ったらいいのか?という視点でみるようにしています。
それから、このセッションでは、「話をして楽しかったー!」とか、「元気になったー!」 と言っていただけてうれしいのですが、あくまでもコーチングのセッションですので、お話するだけではなくて、何か成果を得てもらうことにはこだわっています。
なので、単発のコーチングセッションなのに、事前課題や宿題が出るんです(笑) (あ、これいうとハードルに感じちゃう方もいらっしゃるかな。でもとても楽しい課題なのでご心配なく!)


Q,記事を呼んでいる人に伝えたいことや応援してほしいことは?

私自身の体験ですが、自分軸がわかると、ほんとに気持ちがラクになります。
誰かと比べることもなく、また迷いもなく、「やるべきことがはっきりした、これをやっていけばいいんだ」と思えるようになったのです。
そして、自分の宿命から導きだす「自分軸=ミッション」を実践していくことこそが、自分らしい幸せの形なのだということがわかりました。
そのプロセスは簡単な道のりではないですが、「自分らしさってなんだろう?」っていうことがわからなくなったり、「もっとがんばらないと幸せになれない!」と嘆いている人がいたら、まずは一声かけてもらいたいなと思います。
これを読んでくださったあなたご自身にも、あなたのまわりの大切な人にも、自分らしく幸せに生きるために、持って生まれた才能を活かして“がんばらない勇気”を手に入れていただきたいと思っています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

「自分らしさ発見オンラインセッション」は、東洋運命学で自分自身の才能・宿命を知り、 現状と理想の未来を丁寧に描くことでそのギャップに気づき、ビジョンを実現するための目標設定を行います。
持って生まれた潜在能力を活用することで、無理なく、がんばりすぎることなく、ワクワクしながら目標に向かって行動することができるでしょう。
すぐにできる行動計画に基づいて実践を重ね、小さな成功体験を積んでいきます。
2週間後、自分らしい方法で行動を続けた結果、 「本当に自分に向いていることがわかった」 「実践することで自分の才能がより腑に落ちた」 「誰か他の人と比べることなく、自分らしい成長のしかたが分かった」 など、“自分らしいがんばり方”を体感していただく為のプログラムになっています。

 

 



「成果をださなくちゃいけない」「もっと成長しなくちゃ!」と、 ついがんばりすぎてしまって、心身共に疲れていることに気が付かなかったり、苦手なことを克服することにエネルギーを使い果たしてしまう方にこそ、このセッションを受けて頂きたいと思っています。
なぜなら、私自身がまさにそういう人だったからです。

 

本当の自分ってどういう人なんだろう?とか
あの人にはできるのに、どうして私はこれができないんだろう?と、
勝手に自信を失ったりしていました。

自分軸を明確にしてから、
誰かと比べたり、そもそも向いていないことを無理やりがんばることもなくなり、
好きなこと、得意なことをのびのび楽しみながら仕事ができるようになりました。

持って生まれた才能を知り、自分らしいビジョンを描いたら、
自分軸=ミッションを明確にして、それを実践していく「自分軸実践メンタリングプログラム」。
無理やりがんばることをやめ、「がんばらない勇気」をもって幸せな未来を手に入れましょう。

 

Q,何がきっかけでこのサービスを始めたのでしょうか?

数年前から算命学など東洋の運命学を取り入れたコーチングを行っていましたが、商品化して広くお知らせしていく方法を模索していました。
そんなとき、新型コロナウィルス(covid-19)感染症の流行が始まり、蔓延防止のためにあらゆる職種で仕事に影響が出始めました。
大人数が集まる講演会やイベント、企業研修なども含めて、開催中止、延期など、私の周囲でも「半年先までの仕事がなくなった」といった声が聞こえてくるようになりました。
その後に緊急事態宣言が発出されるわけですが、日本全体、いえ、世界中が、目に見えない恐怖、これからどうなってしまうのかという不安、そして、価値観がひっくり返るようなストレスを抱えているように感じました。
「私にできることって何だろう?」と考えたとき、やはり、「人の話を聴くこと」という想いに至り、「なんでもいいからオンラインで話そうよ」というサービスを始めようと決めました。
そして、ご希望の方には東洋運命学簡易分析も付けられます、というようなスタンスでご提案をしました。

 


Q,サービスを始めるときに感じた不安や葛藤はありましたか?

コロナ禍で落ち込んだり悩んだりしている人に、何かできることをしたい、という思いで始めました。
そのためスピード感を重視し、ものすごく吟味してスタートしたサービスではなかったので、このセッションを受けたいという方がいらっしゃるのかどうかが、もちろん不安でした。ところが、Facebook で投稿してすぐに、「セッション受けたいです、どうしたらいいですか?」といったお問合せが、直接メッセンジャーで届くようになりました。
しかも、100%の確率で、簡易分析もお願いします、という内容でした。
私自身、東洋運命学を学んでいるといっても、算命学を本格的に学んだわけでもないですし、正直にいうと、どこかで「簡易分析といっても、私にちゃんとしたことが言えるのか?」という不安はずっとありました。
さかのぼること2年前に理事として設立に参画した一般社団法人ミッションメンタリング協会でも、どちらかというと学びを深めるというよりも立ち上がりのスタートダッシュ要員のような存在感で活動していましたので、「いよいよ、私も、運命学の分析をやるのか…」と少し緊張しました。
これは私の持ってうまれた才能とも一致する傾向ですが、「ちゃんとしたことを言わないといけない」という固定観念もあったように思います。そうした不安の中、深く考える前にまずはやってみよう!ということで動き出しましたが、おかげさまで大好評で、思った以上にたくさんの方々の簡易分析をさせて頂いて、私自身の大きな学びにもなりました。

 


Q,サービスを始めた決め手は何ですか?

「なんでもいいから話しましょう」というオンラインセッションとしてスタートしたのですが、1日に3-4人の予約を頂くこともあったので、無料モニター的な位置づけをやめて、正式に「東洋運命学簡易分析付きのコーチングセッション」としてご提案することにしました。
せっかくなので、現状と理想の未来を洗い出し、持って生まれた才能を知り、それをうまくつかえば、無理なく、頑張りすぎることなく、小さな目標からでも前に進めるということを感じていただこうと考えたんです。
すると、セッション後にいただくアンケートでも高評価をいただくようになり、セッションを受けた方からの紹介といって、見知らぬ方からのお申込みが入ったりするようになりました。
当初予定していた枠がいっぱいになり、お問合せやお申込みから少しお待たせしてしまうこともありました。
このサービスを売り出すぞ!という気合の入ったものではなかったので、決意というほどのものはなかったのですが、「お試しセッション」的な位置づけをやめて、正式なメニューにしようと決めたのは、やはり体験者の声に背中を押していただいたからだと思います。
コロナ禍で、世の中がどうなっていくのか、自分自身はどうなっていくのか、まるで先が読めない状態のときに、喜んでいただけるのがうれしかったんですよね。
私でも、誰かのお役に立てるということがうれしかったし、このセッションを受けることで、混沌とした状態から少しでも、一歩でも前に踏み出してもらえたらいいなというのが、正式にサービスとしてリリースした理由です。


Q,サービスを提供していくうえで、譲れないこだわり(理念・価値観)はありま
すか?

東洋運命学(主に算命学)では、持って生まれた才能がわかります。
それを単に当たってるとか外れているとか、「占い」ですませないように気を付けています。
もちろん占いとして楽しんでいただくのはいいのですが、それなら、ちゃんとした占い師の方にみて頂いたほうがいいと思うんですよね。
コーチである私が東洋運命学を取り入れる意義を忘れないようにしたいと思っています。
簡易分析のときに気を付けているのは、『決めつけないこと』。こういう才能があるんだから、これをやったほうがいいとか、これはやめたほうがいいとか、そういうことは言わないですね。
ご本人がやりたいことを実現するために、どう使ったらいいのか?という視点でみるようにしています。
それから、このセッションでは、「話をして楽しかったー!」とか、「元気になったー!」 と言っていただけてうれしいのですが、あくまでもコーチングのセッションですので、お話するだけではなくて、何か成果を得てもらうことにはこだわっています。
なので、単発のコーチングセッションなのに、事前課題や宿題が出るんです(笑) (あ、これいうとハードルに感じちゃう方もいらっしゃるかな。でもとても楽しい課題なのでご心配なく!)


Q,記事を呼んでいる人に伝えたいことや応援してほしいことは?

私自身の体験ですが、自分軸がわかると、ほんとに気持ちがラクになります。
誰かと比べることもなく、また迷いもなく、「やるべきことがはっきりした、これをやっていけばいいんだ」と思えるようになったのです。
そして、自分の宿命から導きだす「自分軸=ミッション」を実践していくことこそが、自分らしい幸せの形なのだということがわかりました。
そのプロセスは簡単な道のりではないですが、「自分らしさってなんだろう?」っていうことがわからなくなったり、「もっとがんばらないと幸せになれない!」と嘆いている人がいたら、まずは一声かけてもらいたいなと思います。
これを読んでくださったあなたご自身にも、あなたのまわりの大切な人にも、自分らしく幸せに生きるために、持って生まれた才能を活かして“がんばらない勇気”を手に入れていただきたいと思っています。